集送乳の仕組み

ミルクネットの集送乳の仕組みをご紹介します。

新鮮な牛乳を

毎日しぼる

契約農家が心を込めて育てた乳牛から

新鮮な生乳を毎日しぼります。

しぼってすぐに

3℃以下まで冷やす

ミルクネット独自の基準にて

新鮮なままの生乳をすぐに

一番適した温度といわれる3℃以下まで冷やします。

集乳トラックで

新鮮な牛乳を毎日集める

各牧場からその日採れた新鮮な生乳を

自社のトラックで毎日一箇所に集めます。

20tの保冷車

全国の乳業会社さんへ

巨大な魔法瓶の保冷車によって

温度が保たれたまま全国の乳業会社へ送乳されます。

検査室にて

品質を徹底チェック

最先端の検査機器を導入し、

あらゆる角度から品質をチェック。